サッカー 日本代表 応援なんて言ってる?おーおーの歌詞や原曲とは?

サッカー日本代表応援なんて言ってる?スポーツ

※アフィリエイト広告を利用しています

ワールドカップなどの日本代表試合時に歌われている応援歌

応援席から「おーおー♪」と聞こえてきますが、なんて言っているんでしょうか?
また応援歌の原曲は?

この記事では、よく歌われている応援歌5つについてご紹介します。

▼ 「キリンチャレンジカップ」6月も開催!チケットの販売方法や買い方、値段は下記をCHECK!

▼ サッカー日本代表を応援するならやっぱりコレ!ユニフォームを着ればサッカー観戦がさらに盛り上がる!

サッカー日本代表試合時によく歌われている応援歌5つ

サッカーイメージ

サッカー日本代表の観客席でよく歌われている応援歌は上記の5つになります。
一度は聞いたことのあるものもあると思います。

ひとつひとつご紹介していきます♪

森保一監督も日本代表選手だった!監督の若い頃の活躍ぶりが見れる!下記をCHECK!

あわせて読みたい 森保一監督の若い頃・現役時代の気になる経歴とは?「ドーハの悲劇」について徹底調査!

スポンサーリンク

VAMOS NIPPON(バモスニッポン)

「VAMOS NIPPON」は、1987年にMen without hatsが発表した「Pop goes the world」をアレンジして日本代表の応援歌になっています。

スペイン語で「バモス」は、「さあ、行こう」という意味。

実はこの曲、日本代表以外にもブラジルやアルゼンチンでも使用されているんですよ!

歌詞はとってもシンプルで覚えやすく、Jリーグでも多くのクラブで使用されています。
原曲と比較すると、ポップな印象を与える曲調となっています。

歌詞と原曲は以下のとおりです。

VAMOS NIPPON(バモスニッポン)の歌詞

オー バモニッポン ニッポン ニッポン バモニッポン

(ハイ! ハイ! ハイハイハイハイ!)

「VAMOS! NIPPON」という応援歌は、日本代表の試合はもちろん、Jリーグの試合でも頻繁に歌われる歌です。

歌詞は、拍手や太鼓の音に合わせて歌われ、歌い終えた後には「ハイ! ハイ! ハイハイハイハイ!」という掛け声が入り、もう一度歌われることが一般的です。

スポンサーリンク

VAMOS NIPPON(バモスニッポン)の原曲

「VAMOS! NIPPON」の原曲はコレです!
ポップで親しみやすい曲調で、応援歌としてアレンジされるのもうなずけますね。

ちなみに、原曲である「Pop goes the world」は、カナダのロックバンド「Men Without Hats(メン・ウィズアウト・ハッツ)」という3人グループによって歌われた曲です。

▼ スタジアムやパブリックビューイングでは必須アイテム!これひとつで手も疲れず観戦が楽しめる

ジェイエフエー JFA ジュニア サッカー/フットサル ライセンスグッズ JFA サッカー日本代表 ツインスティックメガホン(プレーヤー) O3-550

アイーダ

「アイーダ」は日本代表の応援歌の一つであり、歌詞は存在せず、「オー」という声援のみで歌われます。
この曲は、イタリアのACFフィオレンティーナが最初に歌い始めたチャントで、その後日本でも広く愛されるようになりました。

一度聞けば一緒に歌える応援歌ですね♪

アイーダの歌詞


オーオー、オオオ、オ、オ、オ、オオオオーオー、オオオオオ、オオオ、オオオ、オーオー

本当に「オー」だけで構成されています。
曲調に合わせてしまえば、誰でも歌えちゃいますね♪

スポンサーリンク

アイーダの原曲

日本代表の応援歌「アイーダ」の原曲は、ジュゼッペ・ヴェルディが1871年に発表したオペラ「凱旋行進曲」です。
この曲は、エチオピア軍に勝利したエジプト軍が凱旋して帰ってくる場面で流される曲であり、とても壮大な曲調なのが特徴です。

トランペットが演奏する中盤の部分を取り出して、応援歌として使用されています。

日本オーレ

この応援歌は、簡単な歌詞を手拍子やドラムの音と共に繰り返していくことで、誰でも歌えるようになっています。
手拍子やドラムで行う応援に適した定番の日本代表応援歌として知られています。

応援歌「日本オーレ」は、特定の原曲がありません。

スポンサーリンク

アイーダの歌詞


日本オオレー 日本オオレー 日本オオレー オーレー

この曲は、観客が手拍子をしながら、「日本! 日本!」と掛け声をかけ合う中で、次第に盛り上がっていく応援曲として定着しています。

とてもシンプルで親しみやすい曲調ですね♪

▼ サッカー日本代表を応援するならやっぱりコレ!ユニフォームを着ればサッカー観戦がさらに盛り上がる!

GO WEST

「Go West」という応援歌は、日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」の試合でよく歌われます。この曲は、シンプルな歌詞で誰でも簡単に口ずさむことができます。

またこの応援歌は、日本のJリーグの浦和レッズなどでも使用されています。

GO WESTの歌詞


オーレー オオ日本 オーレー オオ日本 オーレー オオ日本 オーレー オオ日本

歌詞は4回繰り返され、リズムに合わせて歌います。
こちらもシンプルで、歌いやすい歌詞となっています。

スポンサーリンク

GO WESTの原曲

「Go West」という曲ですが、誰もが聞き覚えのある曲だと思いませんか?
西城秀樹さんによってカバーされてた、「Y.M.C.A.」ですね!

ヴィレッジ・ピープルというアメリカの男性6人組バンドが1979年に発表した曲が原曲となっています。

▼ スタジアムやパブリックビューイングでは必須アイテム!これひとつで手も疲れず観戦が楽しめる

ジェイエフエー JFA ジュニア サッカー/フットサル ライセンスグッズ JFA サッカー日本代表 ツインスティックメガホン(プレーヤー) O3-550

エンターテイナー

この曲も一度は耳にしたことのある曲ですね!

北海道コンサドーレ札幌の応援歌「スティング」は、「Go West」という曲をベースにしています。
北海道コンサドーレ札幌の試合で大きな声量と迫力で有名です。

そのため、Jリーグの中でもナンバーワンのチャントとしても知られています

エンターテイナーの歌詞


オーオオ オオ オオー オオオ オオオオ オーオー オーオオ オオ オオー オオオ オオオオ オーオー オオオオ(日本)オオオオ(日本)オオオオ オーオー

こちらの歌詞も「オー」で構成されており、リズムに乗れば誰でも歌える応援歌となっています。

スポンサーリンク

エンターテイナーの原曲

エンターティナーは、1902年にアフリカ系アメリカ人の作曲家、スコット・ジョプリンによって作曲されたピアノのためのラグタイム曲「The Entertainer」が原曲となっています。

この曲は、1973年のアカデミー賞受賞映画『スティング』のテーマ曲として使用され、1970年代にラグタイムが再び注目されるきっかけとなりました。

まとめ

サッカー日本代表試合時によく歌われている応援歌5つについてご紹介しました!

2023年も3月と6月に「キリンチャレンジカップ2023」、11月には「FIFAワールドカップ2026 アジア2次予選兼AFCアジアカップ2027」予選が開催されます。

森保ジャパンの活躍に期待されます。
ぜひ応援歌と共に、サッカー日本代表を応援しましょう♪

▼ 「キリンチャレンジカップ」6月も開催!チケットの販売方法や買い方、値段は下記をCHECK!

あわせて読みたい サッカーキリンカップ2023チケット販売はいつ?値段や買い方は?

▼ サッカー日本代表を応援するならやっぱりコレ!ユニフォームを着ればサッカー観戦がさらに盛り上がる!

▼ スタジアムやパブリックビューイングでは必須アイテム!これひとつで手も疲れず観戦が楽しめる

ジェイエフエー JFA ジュニア サッカー/フットサル ライセンスグッズ JFA サッカー日本代表 ツインスティックメガホン(プレーヤー) O3-550
スポンサーリンク

コメント

error:右クリックはできません
タイトルとURLをコピーしました