チョメチョメの元ネタや語源は?意味や使い方も!

チョメチョメの元ネタや語源は?意味や使い方も! トレンド

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

1980年代に流行語となった「チョメチョメ」
2024年1月期ドラマ「不適切にもほどがある」で主演の阿部サダヲさんが「チョメチョメ」を劇中で連発するなど、再び流行しそうなこの言葉ですが、元ネタや語源など気になるところです。

この記事では

  • チョメチョメの元ネタや語源は?
  • チョメチョメの意味は?
  • チョメチョメの使い方は?

「チョメチョメ」の元ネタや語源や意味や使い方について詳しくご紹介していきます。
「チョメチョメ」どこから生まれたのか、また「チョメチョメ」の意味やどんなときに使う言葉なのかなどわかる内容となっています。

記事最後の「まとめ」にこの記事の内容を簡潔にまとめています。
お急ぎの方は、「目次」より「まとめ」に飛んでサクッと内容をご確認くださいね♪

チョメチョメの元ネタや語源は?

  1. 「まことちゃん 説」
  2. 「山城新伍 説」

「チョメチョメ」の元ネタや語源は上記の2つではないかと考えられます。
「まことちゃん 説」と「山城新伍 説」、一体どちらが本当の元ネタなのでしょうか?

下記で詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

チョメチョメの元ネタや語源 「まことちゃん 説」

1976~1981年まで週刊少年サンデーで連載されていた「楳図かずお」さんの漫画「まことちゃん」で「チョメチョメ」という単語が多用されていた

「チョメチョメ」の元ネタ・語源は、楳図かずおのまんが「まことちゃん」で多用されていたことではないかと言われています。

「まことちゃん」といえば、1970年代後半同時期に少年雑誌に掲載された「がきデカ」、「東大一直線」と共に”ギャグ漫画の金字塔的作品”と呼ばれていました。

1976~1981年まで「週刊少年サンデー」で連載され、1980年には”アニメ化”までされるほど、当時の人気漫画だったことがうかがい知れます。

もけロン@vjdwNFyrv1Wlktv Xより引用

そんな「まことちゃん」の作中に「チョメチョメ」という言葉が多用されています。
マンガ「まことちゃん」という作品を一言でいうと、

まことちゃん(漫画)- マンガペディア (mangapedia.com) より引用

「下ネタ満載で描いたギャグ漫画」というほど、「ビチグソ」や「股にサロンパス」など表現もあり、さらに強烈な表現を「チョメチョメ」と表現されていたのかもしれませんね。

もうひとつの「チョメチョメ」元ネタ、語源「山城新伍 説」について下記で詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

チョメチョメの元ネタや語源「山城新伍 説」

1979~1985年まで放送されたフジテレビのクイズ番組「アイ・アイゲーム」で、司会の「山城新伍」さんが問題の伏字部分を「チョメチョメ」と呼んだ

「アイ・アイゲーム」は1979年10月~1985年9月までフジテレビで放送されていたクイズ番組です。
6人の芸能人とオーディションで選ばれた一般視聴者3名が解答者となり、数々のクイズに答えていく番組として放送されました。

この「アイ・アイゲーム」で司会を務めたのが当時の名司会者「山城新伍」さん。

きっとヒットAgain@Again1771 Xより引用

出題するクイズの伏字部分を「チョメチョメ」と呼んでいたことから元ネタ・語源ではないかと言われています。

お茶の間に広く知れ渡り、「チョメチョメ」は1980年代の流行語になっています。

ちなみに「アイ・アイゲーム」で初代アシスタントを務めたのは「故・川島なお美」さん、解答者として「中尾ミエ」さんや「せんだみつお」さん、あの「デヴィ夫人」も出演していました。

「まことちゃん説」も「山城新伍説」も元ネタ・語源としてはなるほどと思えますが、どちらが本家本元なのか下記でご紹介していきます。

スポンサーリンク

チョメチョメの元ネタ・語源はどっち?

「チョメチョメ」の元ネタ・語源は「まことちゃん」、世間に広めたのは「山城新伍」と推測

「チョメチョメ」の元ネタ・語源は、「まことちゃん」ではないかと推測します。

理由は「アイ・アイゲーム」放送開始より先に「まことちゃん」が連載スタートしていること。

✓ 「まことちゃん」週刊少年サンデー連載開始は1976年
✓ 「アイ・アイゲーム」放送開始は1979年

上記でわかる通り「まことちゃん」が「アイ・アイゲーム」より3年も早く連載がスタートしていることから、「まことちゃん」が「チョメチョメ」の元ネタ・語源ではないかと推測されます。

つめたいおうどん(佐賀復習編)@tumetaioudone Xより引用

そして世間に「チョメチョメ」を広めたのが山城新伍さんということになりますが、山城さんが「チョメチョメ」を使用するようになったきっかけはなんだったのでしょうか?

ここからは当ブログの管理者の推測になります。

マンガ「まことちゃん」の主人公「沢田まこと」の姉「沢田美香」のキャラクターについて下記のように書かれていました。

まことちゃん – Wikipedia より引用

まことちゃんの姉・沢田美香が尊敬する有名人は「山城新伍」と書いてありました。
山城新伍さんは何らかの形で上記のことを知り、「まことちゃん」を愛読するようになり、作中で使われていた「チョメチョメ」を「アイ・アイゲーム」のクイズの出題時に使用したのではないかと推測します。

当時影響力のあった「山城新伍」さんが使う「チョメチョメ」が流行語になるのも納得ですね!

「チョメチョメ」には色んな意味が含まれていますが、具体的にどのような意味でどのように使うのか下記でご紹介していきます。

スポンサーリンク

チョメチョメの意味は?

「×」・「駄目」・「いけない」・「伏字」の音声化・「イチャイチャ」・「下ネタ」・「放送禁止用語」
 

「チョメチョメ」には上記のような意味があります。

当初クイズ番組でテロップなどに「××」と書かれている伏字部分を「山城新伍」さんは「チョメチョメ」と表現し、伏字を音声化して使われていましたが、後に男女がイチャイチャする様子も使用されるようになりました。

伏字で使用するよりも「イチャイチャ」や「下ネタ」を「チョメチョメ」と言い換えて使われることが多いようです。

稲塚 春@ハルねこ@Inatsuka Xより引用

意外にも色んな意味合いを持つ「チョメチョメ」
「チョメチョメ」の使い方について下記でご紹介していきます。

スポンサーリンク

チョメチョメの使い方は?

  1. この「××(チョメチョメ)」に入る言葉はなんでしょうか?
  2. 彼女と「××(チョメチョメ)」したい!

代表的な「チョメチョメ」の使い方は上記の通りです。

『この「××(チョメチョメ)」に入る言葉はなんでしょうか?』は、クイズ番組など伏字を音声化した使い方になります。
「アイ・アイゲーム」の司会者・「山城新伍」さんは「チョメチョメ」をこのように使用していました。

また『彼女と「××(チョメチョメ)」したい!』は、「イチャイチャ」や「下ネタ」の意味のある使い方になりますね!

まとめ

「チョメチョメ」の元ネタや語源、意味や使い方についてご紹介しました。

  1. 「まことちゃん 説」
     1976~1981年まで週刊少年サンデーで連載されていた「楳図かずお」さんの漫画「まことちゃん」で「チョメチョメ」という単語が多用されていた

  2. 「山城新伍 説」
    1979~1985年まで放送されたフジテレビのクイズ番組「アイ・アイゲーム」で、司会の「山城新伍」さんが問題の伏字部分を「チョメチョメ」と呼んだ
  • この「××(チョメチョメ)」に入る言葉はなんでしょうか?
    ※クイズ番組など伏字を音声化した使い方

  • 彼女と「××(チョメチョメ)」したい!
    ※「イチャイチャ」や「下ネタ」の意味のある使い方
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました